すばる法律事務所 Subaru law office

東京都中央区銀座1丁目
東京弁護士会・第一東京弁護士会所属

すばる事務所通信

私たちの事務所は、
市民の味方を
モットーにしています。

11.2.28号 武富士の債権者委員

 武富士については、現在、東京地裁に会社更正手続が係属していますが、2月28日、過払金債権者265名を代理して仙台弁護士会の新里宏治先生(会長)、名古屋弁護士会の瀧康暢先生他が東京地裁に自分たちの利益代表として「債権者委員」の選任を許可するように求める申立を行いました。

  この「債権者委員」とは、過払金債権者のために会社更生手続を遂行するものであり、具体的には武富士の役員に対する責任通級(創業者の長男は、約2000億円の税金が還付されることになりました)、財産評定や更生計画の策定に関与することが期待されています。武富士の更生管財人は、会社更生の申立を代理した弁護士本人であり、(監督委員は別途選任されているとはいえ)このまま管財業務が遂行されれば、手続の公正は維持できないというのが今回の債権者委員の選任に至った最大の動機になっています。

  過払金債権者からは私にご指名があり、私としては、晴天の霹靂ですが、新里先生、瀧先生他は私が心底から尊敬する大先生であり、ご指名があれば、これに協力をせざるを得ないというのが正直なところです(本当は、日常の弁護士業務だけで手一杯であり、今後、どうなることか心底から怯えています)。

  とまれ、仮に、裁判所がこれを許可した場合、武富士の会社更生手続の中に参加するという貴重な体験をさせて頂くことになります。

  もっとも、東京地裁では従来、債権者委員が参加した例はないとのことであり、これが実現するかどうかは全く予想もできないところです。(内藤)

 

お電話でのお問い合せは
フリーダイヤル 03-5159-6633
受付:平日9:00〜18:00(土日祝祭休)
すばる法律事務所

フォーム