すばる法律事務所 Subaru law office

東京都中央区銀座1丁目
東京弁護士会・第一東京弁護士会所属

すばる事務所通信

私たちの事務所は、
市民の味方を
モットーにしています。

10.9.27号 武富士が破綻

 今日の報道によると、金融大手の武富士は、過払金の返還、上限金利の引き下げ、やいわゆる融資の総量規制などで経営が悪化し、自力で事業を継続することが難しくなったとして、東京地方裁判所に会社更生法の適用を申請する方向で最終的な調整に入ったということです。

  武富士は、昭和41年に創業した消費者金融の大手で、無人契約機の導入などで業績を拡大し、平成14年3月末には融資残高が1兆7000億円余りに達して業界トップに成長しました。しかし、今年の6月に施行された貸金業法の改正によって、いわゆる「グレーゾーン金利」が撤廃され、上限金利が29・2%から15〜20%にまで圧縮され、また、それまでに発生していた過払金の請求が、今も利用者から毎月1万件前後寄せられ、財務状況が圧迫されていたとのことです。多重債務者問題などを背景に、年収の3分の1を超える融資を原則禁止する新たな規制も導入され、融資残高はことし6月末時点で5100億円余りに減って、収益基盤が縮小し、更に、リーマンショック以来の世界的な金融危機によって資金繰りが厳しい状況に陥っていたものと思われます。

  武富士の申請が認められれば、裁判所の監督の下で、破たん処理の手続を進め、再建を支援するスポンサーを探していくことになります。負債総額は、4000億円規模に上る見通しとのことです。これまでに経営破たんした消費者金融に対する利息の返還請求では、全額が返還されないケースが出ており、武富士についても全額は返還されない可能性があります。

  我が事務所でも、破綻が間近いものと予想して、武富士に多する過払金の回収を急いでいましたが、依頼者によっては、過払金が回収されず、方針の変更を強いられることがあるかもしれません。

  なお、まだ報道が今日のことで弁護団が結成される動きはありませんが、消費者金融が民事再生手続を利用することで、多額の過払金の支払を免れるという手法は、最近では定石になってきた感があります。最後に泣くのは、弱い一般市民、一緒に泣くのは良心的な弁護士。ただ、どこかで笑いが止まらない人もいるはずです。(内藤)

 

お電話でのお問い合せは
フリーダイヤル 03-5159-6633
受付:平日9:00〜18:00(土日祝祭休)
すばる法律事務所

フォーム