すばる法律事務所 Subaru law office

東京都中央区銀座1丁目
東京弁護士会・第一東京弁護士会所属

すばる事務所通信

私たちの事務所は、
市民の味方を
モットーにしています。

10.7.22号 雑誌・新聞広告の責任

 最近、パチンコや競馬の必勝法なるものを販売するという極めて詐欺的な商売が盛んに行われ、被害事例が頻発しているようです(当事務所でも相談を受け受任した件が何件かあります)。

  この種の事件では、必勝法の売り手に法的責任が生じるのは当然のことと思われますが、今年の5月には、パチンコ必勝法の広告を掲載した雑誌の出版社について、被害者に対する損害賠償責任を認める判決が大阪地裁で出されました。

  判決全文を読んでいないので詳しいことはいえませんが、出版社がいかにも胡散臭い広告を漫然と掲載したことの責任を負うという結論には第一勘として共感を覚えます。

  ところで、広告といえば、スポーツ新聞の各紙には、昔からヤミ金と疑われる広告がしょっちゅう掲載されています(スポーツ新聞の広告を通じて知ったヤミ金から借りてしまったという相談者も珍しくありません)。

  ここのところ、大相撲関係者と暴力団との交流を窺わせる報道が相次ぎ、スポーツ新聞各紙においても、厳しい論調で大相撲界を非難するものが少なくないようです。大相撲を擁護するというつもりもありませんが、具体的な法的責任の有無はとにかく、ヤミ金の広告が堂々とスポーツ新聞に掲載され続けていることがあまり問題とされていないことは、どこか均衡を欠いているようにも思われました(大菅)。 

 

お電話でのお問い合せは
フリーダイヤル 03-5159-6633
受付:平日9:00〜18:00(土日祝祭休)
すばる法律事務所

フォーム