すばる法律事務所 Subaru law office

東京都中央区銀座1丁目
東京弁護士会・第一東京弁護士会所属

すばる事務所通信

私たちの事務所は、
市民の味方を
モットーにしています。

10.7.12号 「どうぶつしょうぎ」

 特にお世話になっている若干の人を厳選してお中元を贈るのは、私も毎年の恒例のことであり、何を送るかについては、懐具合と相談しながら毎年頭を悩ませているところです。

  その結果、今年は、「どうぶつしょうぎ」とその(発刊直後で私もまだ現物は目にしていませんが)解説本をセレクトすることにしました。

  このセットを選んだいきさつは、今年の4月3日に弁護士会館で開催され将棋フェスタ「棋士×弁護士読み比べ」という催しにあります。

  この企画は、私が法律相談センターの広報のために企画したものですが、日弁連の宇都宮健児会長、将棋連盟の佐藤康光九段、瀬川晶司四段、矢内理絵子女王の他、片上大輔六段、北尾まどか女流初段のご夫婦の参加もあって大いに盛り上がり、お陰様で弁護士会館の大講堂は満杯になりました。

  「どうぶつしょうぎ」は、その後も親しくお付き合いを頂いている北尾女流初段の発案によるもので、弁護士会やすばる法律事務所の職員・事務員の間でもたちまち大評判になりました(プロ棋士の間でも大ブームになっているようです)。

  要するに、本来の将棋のエッセンスは残して、その他は削れるだけ削ったボードゲームですが、ゲームとしての奥行きも十分にあり、何より「将棋は動かし方だけなら知っている」というお父さんであれば、将棋を全く知らない息子・娘どもに簡単に連勝ができるという優れたゲームであります(難点は、1か月も経てば、頭の柔らかい子どもには完敗するということぐらいでしょうか)。

  また、お茶の間にちょこっと置いてあっても、絶対に目障りにならない藤田麻衣子さんのイラストも大変に可愛らしく、小さなお子さんやお孫さんのいそうな知人にお送りすることにしたものです(麻衣子さんは元女流棋士とののことですが、少なくてもイラストレイター・デザイナーとしての能力は天才的だと思います)。

  さて、今日は、これから「どうぶつしょうぎ」の発行祝いの飲み会に行ってきます。片上、北尾夫婦や将棋フェスタの関係者と久しぶりにお会いできるのが楽しみです。(内藤)

 

お電話でのお問い合せは
フリーダイヤル 03-5159-6633
受付:平日9:00〜18:00(土日祝祭休)
すばる法律事務所

フォーム