すばる法律事務所 Subaru law office

東京都中央区銀座1丁目
東京弁護士会・第一東京弁護士会所属

すばる事務所通信

私たちの事務所は、
市民の味方を
モットーにしています。

10.6.11号 沼津に行ってきました

  先日、自己破産の審尋手続のため、静岡地裁沼津支部まで出張してきました。

  以前は、自己破産の申立人が遠隔地に居住していても、東京地裁は、管轄のことは余り問題とせずに申立を受理する運用でしたが、最近はかなり厳密に管轄を要求するため、地方の依頼者の場合、地元の裁判所に申立をせざるを得ないのが現状です(私の事務所は、他のごく一部の法律事務所のように、面談もせずに受任することはなく、依頼者との間でそれなりの信頼関係・人間関係も出来ていますので、要するに、弁護士の手間が増えるというだけの愚痴だと思って下さい)。

  ともあれ、こうしたことから、最近では地方の裁判所に自己破産の申立を行う機会が増えました。当然のことながら破産法という同一の法律に従って手続は進められるものの、各裁判所によって運用が異なることがあります(事前にやたらと厳格な追加資料の提出を求められることがある反面、書面審査だけで、一度も出頭することなく免責許可決定が発令される運用の裁判所も中にはあります)。そこで、手続の関係でそれまで行ったことのない裁判所に出頭するときは、普段とは違う緊張感を覚えることもあります(今回の沼津支部も初めて行く裁判所でした)。

  ところで、地方に出張すると、やっぱり地元の名物やらが気になってしまうところです。沼津は海辺の町で新鮮な魚介類が食べられると耳にし、密かに楽しみにしていましたが、沼津の駅も裁判所も市街地の真ん中にあり、自然の残されたきれいな町ではありましたが、残念ながら近くに魚の姿を見ることはできませんでした。

  結局、移動する足もなく、その日の手続が終わると、駅弁を食べながら、そそくさと東京に帰ってきました。(大菅)

 

お電話でのお問い合せは
フリーダイヤル 03-5159-6633
受付:平日9:00〜18:00(土日祝祭休)
すばる法律事務所

フォーム